まりむさんのページ

2007年8月7日生まれのスコティッシュフォールド(メス)のママです。
しかし、血統書の写真がどう見ても違うにゃん相のような…(^^;
親戚…特に“きょうだい”が見つかると嬉しいです(^^ゞ
ココ姫日記

まりむさんにメッセージ送信

メンバーさんはログインすると飼い主さんにメッセージを送信できます。

まりむさんの同居猫一覧

3にゃんが見つかりました。
1匹目から3匹目までのにゃんこを表示しています。

ハナ

詳細情報 親戚検索 メッセージ送信
まりむ
スコティッシュフォールド
女の子
2019年08月07日(2才3ヶ月)
元気&食いしん坊&好奇心旺盛
ゴハンと鳴く
ゴハンと抱っこ、膝の上
お薬
2019/10/3にお星様になったココと同じ誕生日(8/7生)&同じスコ&毛色の子を、
ココの心肺停止を知らされたときに居たホームセンター内のペットショップのHPで運命的に見つけ、
2019年12月21日、家族に迎えました。

しかし、標準より体が小さく(4ヶ月半で1.5kg)背骨にも変形が見られます。
かつ、来た当初から粘膜便が続き、獣医さんからは腸炎と診断されました。
ドクターの指示で食事は一日2回バイオームを軽く大さじ2ずつ。
食欲旺盛でもっと食べたいと鳴くのですが、多く食べたり他のカリカリを食べるとてきめん粘膜便に戻り、
腸炎が治らず栄養が取れないからか、それとも子猫用食事を摂れないからか、
生後半年過ぎても1.7kgほどの小さな子です。
血統書が届き確認すると、お父さんとおじいちゃんが同じで、曽祖父母に姉弟猫もいるようで、近親交配による奇形が出ているのかもしれません。。
それでも元気で、ひとり遊びも得意。先住のくーたと遊ぶ(からかう?)の大好き。抱っこも大好き。
寝ていると布団にも潜ってくるとても人懐っこい子です。
先住のくーたともうまくやっているように思います。 (2020年02月22日更新)

くーた

詳細情報 親戚検索 メッセージ送信
まりむ
スコティッシュフォールド
元男の子
2014年11月03日(7才0ヶ月)
やんちゃ、食いしん坊、甘えん坊
早食い(笑)
ココねーちゃん
掃除機、モップ、お風呂、黒くて大きなもの(Tシャツ、コート、ネット等)
手足の先と首元のホワイトがチャームポイント♪
よく食べよく食べよく眠り、生後6ヶ月で3.5キロ。
巨漢になりそうな予感です(笑)

***

2015/6/21。元男の子になりました。

***

登録していて気がついたのですが、血統書への記述の通り名前に『カンマ』を入れると、そこから先が消えてしまうのですね。
兄弟がノルウェージャンやベンガル等と出て、びっくりしました(笑)

***

やんちゃです。
4月頭、お風呂の蓋を自力で持ち上げた時に挟まれたらしく、左後ろ脚の筋を傷めてしまいました;
いまだにびっこ引いてます;
ところで、8歳になっても元気なココに比べ、体調を崩しやすく弱いなと感じる今日このごろです。
兄弟たちはどうなんでしょうか…。(16/06/01)

******

大好きだったココねーちゃんが19/10/3にお星様になり、毎日探して鳴いてばかり。。
少し落ち着いた2ヶ月半後に子猫のハナを迎え入れたところ、
すぐ受け容れて一緒に遊んで遊ばれて
今度は振り回されて疲れ果て、ストレスで体調崩してしまいました(汗)
それでわかったのですが、心臓にちょっと難あり(雑音)のようです。
ちなみに体重は6キロ。最重のときは6.5ありました。(20/2/22) (2020年02月22日更新)

ココ

詳細情報 親戚検索 メッセージ送信
まりむ
スコティッシュフォールド
元女の子
2007年08月07日(14才3ヶ月)
お転婆
ゴハンの時のお座り
ゴハンとコロコロと箱と袋とにーちゃん
抱っことお風呂とブラッシング
スコティッシュのココです。
おっとりさんかと思いきやとてもお転婆(笑)
抱っこも好きじゃないし添い寝もしないけど、
自分がソファに寝てその下でヒトが寝るのは大丈夫。
そんな時はゴロゴロととっても甘えん坊です(*^^*)
お鼻がぺったんこなので、暴れまわるたびに鼻をびすびすいわせてるのが
ちょっと可哀想ですが、、、、
それでも元気です。
我が家の姫です。アイドルです(*^^*)
*****
2019/10/3、心不全と腎不全で虹の橋を渡りました。
最期はERで看取っていただきました。
そこで初めて判明したのが、彼女の心臓は肥大or拡張心筋症でも心筋炎でもなかったようなのです。かなり珍しい症例で、教科書に名前がないとまで言われました。
遺伝なのかもしれません。

ご親戚の皆様、どうか猫ちゃんを早いうちからケアしてあげてくださいね。
ココは12歳まで生きることが出来ましたが、大きな病気をしないからと気心の知れた古い病院にしか行かず、結果、病気の発見が遅れました。設備の整った新しい病院へ連れて行っておけば、もっと長生き出来たのかもと、それだけが残念でなりません…。
(2019年10月06日更新)
http://plaza.rakuten.co.jp/coconyasan/
.